米穀

2021年 田植えシーズン到来です!

wakaki-tanada
武雄市若木町大字本部の棚田

こんにちは!
田植えシーズンが最盛期です!

今回は弊社と繋がりのある佐賀県のお米の産地をご紹介させて頂きます!

それでは佐賀県武雄市若木地区のご紹介です!

若木地区は佐賀県武雄市の北部に位置しており、八幡岳の西のふもとに広がるエリアです。

山に囲まれた盆地の地形を生かし、米作りはもちろん、様々な農作物を生産されています。

お米の甘さを引き出すのには気温の寒暖差が必要となりますが、

若木地区は盆地の為、平地と比べると平均的に2~3℃低いということで、

お米の美味しさを自然と引き出す環境に恵まれています。

また、若木地区には松浦川の源泉から湧き出る豊かな天然水が流れています。

その恵を得て、美味しい米作りが行われています。

若木小学校の方々の田植え体験の様子

最後に、作り手の方々が作り出す風土や文化が温かく、丁寧な米作りが行われています。

地元の若木小学校では毎年、米の栽培を種育成し、収穫して食べるまでの食育に取り組まれています。

見学に行かせて頂いたのですが、農協の方の指導のもと、上級生が下級生の手を取り、

不安定な田んぼの中を慎重に歩き、一つ一つ苗を植えられていました。

子供たちを見守る大人たちも、保護者以外の地元の方も見学に来られていて、

地域全体で成長を見守っている温かい風土・文化が農作業にも通じている様に感じました。

武雄市若木産 夢しずく

武雄市若木地区で栽培された「若木産夢しずく」は佐賀県近隣のスーパーや

武雄市のふるさと納税でお買い求め頂けます。

是非ご賞味ください!